会計

【飲食店の軽減税率】対象ケースは?テイクアウトは8%!?

2019年10月1日より消費税率が10%になります。

それに向けた準備が必要ですが、今回の増税はこれまでと少々異なり、新たに軽減税率制度も導入されることになります。

店内飲食では10%、テイクアウトでは8%なので、お店側としては細かな区分けが厄介です。

そこで本記事では、軽減税率について徹底解説していきます。

 

 

そもそも軽減税率って何?

税金, 税理士事務所, 納税申告, フォーム, 所得税の申告, 所得税, 富, 金融, 脱税, お金, 会計

軽減税率の主な対象品は飲食料や新聞などです。

これにより飲食店は消費税を一律10%で管理できないという壁にぶつかることになるのです。それでは具体的に何が軽減税率の対象となるのでしょうか?

 

軽減税率対象ケース(飲食店version)

今回の税率改正でテイクアウトと店内飲食で税率が変わることになります。


画像引用https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/0018006-112.pdf

飲食業界で主に軽減税率の対象となるものは、テイクアウトや出前などです。ちなみに酒類は対象外となります。

10月1日からはお客さんが注文時にテイクアウトか店内飲食か意思表示次第で、減税が適用されるか判断することになります。

またフードコートや屋台などのテイクアウトかどうかの区別があいまいなものに関しては、食事スペースの有無次第で変わってきます。

この場合、フードコートでは椅子やテーブルの設置がなされていることから対象外。

一方で屋台はこのような食べるために設置されたスペース等がなければ対象となります。

お店によっては経理業務が激増するため、サービスとして店内飲食、テイクアウトにかかわらず、税込み価格を一律8%にするところもあるようです。各店舗の今後の対応に注目が集まります。

  • テイクアウト、出前は8%
  • 屋台の料理は8%(テーブル等がない場合)
  • フードコートの食事は10%
  • 酒類は10%

 

お店側の対応

レジ, ショップ, マネー, 支払い, 貿易, 支払う, ビジネス

あなたのお店のレジは税率変更が可能でしょうか?

昨今の5%から8%への増税によって、最新のレジを導入された方も多いと思いますが、中には税率変更ができないレジのままの方も少ないのではないでしょうか?

特に今回の法律改正によって、8%と10%の切り替えを何度も行うことが多くなると見込まれるので、柔軟に対応できるレジが必要ですね

そこでおすすめしたいのがiPadを利用したPOSレジです。

タブレット, Ipadの, 読み取り, スクリーン, スワイプ, 触れます, 指定します, ポイント

近年の支払い方法は現金払い、クレジット決済、スマホ決済、電子系マネー決済などなど多様化しすぎて、従来のレジでは対応しきれなくなっています。

 

【モバイル決済導入ガイド】どれを選ぶ?どう選ぶ?導入前に一挙チェック!経済産業省は平成30年4月公開した「キャッシュレス・ビジョン」の中で、各国のキャッシュレス決済比率の状況についての分析を発表しました。...

 

消費税も将来的にはさらに引き上げられる可能性もありますし、軽減税率が廃止になることもあるかもしれません。

よって時代の変化に対応できるレジが必要なのです。

iPadを利用したレジを使えば、税率変動や支払い方法が増えても、アプリをダウンロードする等で対応できます。また売り上げや顧客情報なども一括で管理できるというメリットもあります。

それでは特にメジャーなものをご紹介しましょう。

AirREGI

株式会社リクルートのサービスであるAirREGI

ほぼ全ての機能が無料で利用でき、とてもシンプルです。

AirREGI

スマレジ

2019年の4月には登録店舗数が66000店を突破。

お手頃の価格で導入でき、性能も優れています。

スマレジ

ユビレジ

飲食関係者が選ぶ最も使いやすいタブレットPOSレジでNo.1になっています。

満足度が非常に高いサービスです。

Ubiregi

 

今なら補助金が出る!

さらにものによっては初期費用が無料です。増税に伴い今なら国から補助金が出る場合もあり、最大で3分の2を負担してくれます。

早ければ2019年の9月中に申請を締め切るものもあるので、早めに申請をしておきましょう。

 

おまけ テイクアウトは英語じゃない!?

このように軽減税率導入で、テイクアウトか店内飲食の意思表示をする機会がさらに増えていきますね。

ここではおまけでテイクアウトについての雑学をご紹介します。

この「テイクアウト」、実は和製英語なんです!

つまり外国人のお客さんに「テイクアウト?」と聞いても、困惑されてしまいます。

店員
店員
あー…えーっと…テイクアウト?
外国人客
外国人客
Take out???

海外で”take out”は日本で意味するテイクアウトとして使うことはほとんどありません。

主に「取り出す」「出発する」「始める」「訴訟を起こす」などという意味になります。

正しい表現
For here or to go?

店内でお召し上がりでしょうか?テイクアウトでしょうか?

このように私たちが日常的に使用している外来語が和製英語だったなんてことも多々あります。

今回のような簡単な接客を外国人向けに英語で行う準備はできていますか?

「いらっしゃいませ」「何名様ですか?」って英語でなんて言うの?

気になった方は下記のリンクも要チェック!

【飲食店の接客英語フレーズ集】挨拶・注文・お礼はどんな表現?そのまま使える英文集あなたの飲食店は外国人客対応の準備ができていますか? 訪日外国人が増えているにもかかわらず、なかなかこの状況に対応できているお店は...

 

おわりに

消費者のみならず、飲食店側も頭を悩ます軽減税率ですね。

お店の経営にあった対策を練っていきましょう。

 

なんだか会計が面倒になりそうだなあ…

そんな方にはCross Pointがおすすめです