マーケティング

【クラウドファンディング】飲食店のための資金獲得方法を解説!

【クラウドファンディング】クラウドファンディングの資金獲得方法の解説!

クラウドファンディングの資金獲得方法の解説!

飲食店を開業しようとしている人の多くが直面する問題が初期資金の確保です。

近年、この問題を解決する手段として「クラウドファンディング」というものが注目を集めています。

個人の掲げるプロジェクトに、個人が投資家となって支援するという新しい形によって、魅力的な構想を持つ人の開業が成功しやすくなったからです。

このクラウドファンディングは、国土交通省によって「まちづくり×クラウドファンディング」が掲げられたりと、省庁も後押しするような、可能性の拡大を見せています。

注目度が高いけれど、うまく活用できている人が少ない今こそ、クラウドファンディングを使って開業するチャンスです。

クラウドファンディングのやり方

クラウドファンディングはどのようにやれば、うまく投資してもらうことができるのでしょうか。

まずは、クラウドファンディングというものがどのようなものかを見てみましょう。

クラウドファンディングとは何なのか

【クラウドファンディング】クラウドファンディングの資金獲得方法の解説!

クラウドファンディングとは、インターネット上で自身のプロジェクトをアピールし、個人や組織から出資を募るサービスです。

大手クラウドファンディングサイトの1つ「Ready for」では、クラウドファンディングを

クラウドファンディング(crowdfunding)とは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、インターネットを通して自分の活動や夢を発信することで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみ                 引用元: Ready for (https://readyfor.jp/crowdfunding/

と定義しています。

このように、金融機関以外から出資を募ることできるのがクラウドファンディングの特徴となっています。

またクラウドファンディングにはいくつかの種類があります。

 

購入型クラウドファンディング

購入型のクラウドファンディングでは、商品などの物がリターンとなります。多くの場合、リターンは金額に応じた価値のものが用意されます。

目標金額が達成されなかった場合、返金される「オール オア ナッシング(All or Nothing)」と、到達金額でプロジェクトがスタートする「オール イン(All In)」の二つの方式があります。

 

寄付型クラウドファンディング

寄付型のクラウドファンディングは、支援者の提供するお金が、ものやサービスとしてリターンされない形式となります。

主にリターンはお礼の手紙などで、災害に対する募金などが主な用途です。

 

融資型クラウドファンディング

融資型のクラウドファンディングでは、個人で融資をしたい人から小口でお金を集め、集まったお金を企業に融資するという形です。

純粋な融資なので、利回りがあった場合はリターンとしてその分配を金銭で受け取ることができます。

 

投資型クラウドファンディング

投資型のクラウドファンディングでは、未公開の株式の提供を受ける代わりに、資金を提供します

事業資金を獲得したい企業がプロジェクトを提案します。

 

人気の理由は?

インターネットの発達とともにアメリカで生まれ、のちに日本へ流入してきました。

今までは、個人がどれだけ優れたアイデアを持っていても、実現のための手段が限られていました。

しかし、このクラウドファンディングの仕組みのおかげで、実行者だけでなく支援者という立場でも実現に携われる様になったことが、流行の大きな理由です。

過去には、アニメの劇場版の製作費やアミューズメント施設の設立費などのクラウドファンディングが実現しています。

このように、個人や少人数では実現できなかったものを、たくさんの人の支援によって実現できるという魅力が、クラウドファンディングの知名度と人気を押し上げているのです。

 

どのような実例があるのか

先ほど述べたように、アニメの映画化やアミューズメント施設の設立が日本の代表的な実例です。

他にも、折り畳み式の電動自転車の制作や、海外のハイテク商品の大型輸入などがあります。

これらのような大型のプロジェクトだけでなく、飲食店の開業や商品の開発、地方自治体のイベントなど、色々な種類のものがあります。

 

クラウドファンディングの始め方

クラウドファンディングを実際にはじめてみるためにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、実行者と支援者のどちらの立場で参加するかを選びます。

実行者としての始め方はこの後に説明するので、今回は支援者としてのかかわり方を説明します。

手順としては、

クラウドファンディングのサイトから支援したいプロジェクトを選ぶ
→支援金額とリターンを選ぶ
→入金方法を選んで投資

となります。

2. なぜクラウドファンディングをやった方がいいのか

【クラウドファンディング】クラウドファンディングの資金獲得方法の解説!

クラウドファンディングは飲食店を開業しようとしている方に、おすすめです。

飲食店の開業資金はかなりの金額が必要になります。

クラウドファンディングでその資金を集める場合多くのメリットがあるのです。

それではクラウドファンディングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

それは主に

「今まででは出資を受けられなかったお店が支援してもらえる」

「支援者がサポーターとなってお店を支えてくれる」

2つがあります。

メリット①「今まででは出資を受けられなかったお店が支援してもらえる」

これまででは、金融機関からお金を借りることが難しかった、個人事業などに関しても出資を受けることができるようになりました。

クラウドファンディングでは、金融機関のプロによる審査がなく、プロジェクトのページが魅力的にアピールできていれば出資してもらえます。

そのため、財務的な細かい情報などで確実性をアピールするのではなく、社会的な意義や支援者にとっての魅力が伝わるようなプロジェクトが資金を集められるのです。

したがって、金融機関にとっての「儲けになりそうか」よりも、個人にとっての「応援したい」が大切なのです。

メリット②「支援者がサポーターとなってお店を支えてくれる」

金融機関などから出資を募る場合、お金を出してもらっておしまいです。

しかし、クラウドファンディングでは、出資者を巻き込んでプロジェクトを進められます

出資者が個人単位から可能なため、お金を出したお店に客として訪れたり、周囲に宣伝したりするためです。

また、店舗の改装を手伝える権利が与えられるなど、自分の関わったお店として愛着が持てるようなリターンをしている例もあります。

このように、お店のサポーターとしての関わり方が提供でき、開業後にもよい影響が出るのです

どのようにクラウドファンディングをやればいいのか

【クラウドファンディング】クラウドファンディングの資金獲得方法の解説!

ここまででクラウドファンディングについてと、なぜやるべきかを確認しました。

実際にクラウドファンディングをやっていくのにどのようなステップがあるのでしょうか。

目標設定・計画の設計

まず行うこととして目標の設定が重要です。

クラウドファンディングでは、支援者の利益以上に目的や意義が重視されるため、何を目標にするのかで集まる金額が変わってしまうからです。

いくら集めて、何に使うのか、それがどのような意味を持つのかなどをしっかりと明確にしましょう。

そのためにも、具体的な計画をはっきりとさせることが大切です。

サービスの選定

目標と具体的な計画を作ったら、プロジェクトを投稿するサービスを選びます。

クラウドファンディングの認知度が高まってから、運営サイトの数も増えてきています。

ここでは、3つの代表的なサイトを説明します。

「makuake」

「makuake」は、提携している地方金融機関が60行ととても多く、また高額調達成功事例も最多です。

飲食店のプロジェクトでの成功事例が多く、レストラン関係者に非常におすすめなサービスです

小さなプロジェクトも多数あり、立ち上げたばかりのプロジェクトを支援する姿勢が見られます。

手数料は20パーセントで「オール オア ナッシング(All or Nothing)」形式です。

「CAMPFIRE」

「CAMPFIRE」は、著名人が多くプロジェクトを発表している、話題性の高いサイトです。

プロジェクト提案者の質問コミュニティがあるので、サイト運営者やベテランの人に悩みを解決してもらうことが可能です。

手数料は17パーセントと比較的低く「オール オア ナッシング(All or Nothing)」と「オール イン(All In)」のどちらの形式も仕えます。

 

「Ready for」

「Ready for」は、社会貢献系のプロジェクトに強みを持っています。

自治体やNPOなどのプロジェクトでの成功事例が多く、社会に対して大きな価値をアピールできると良いです。

手数料は17パーセントで「オール オア ナッシング(All or Nothing)」の形式をとっています。

 

どのサービスがよいのか

上記の3つのサービスはどれも知名度が高くとてもおすすめです。

知名度が高ければ高いほど、人目に触れ、調達額が高まるからです。

特にこの中でも「makuake」飲食店のプロジェクトの成功実績が多くレストラン開業などには最もおすすめです。

他にも、「CAMPFIRE」は手数料が安く、知名度が高い人の力もあって見られやすい環境となっていて、好条件です。

また、「CAMPFIRE」では「オール イン(All In)」にも対応しているので、形式の幅も広がります。

「Ready for」は社会貢献的な要素を重視します。

それぞれ強みが違うので、自身のプロジェクトの特徴を踏まえてしっかりと吟味して選定ましょう。

プロジェクト投稿

選んだサイトに登録し、プロジェクトを投稿します。

この内容は、審査でも投稿後でも使われるので、細かく丁寧に作りましょう

タイトル、カテゴリー、金額、概要、写真、説明文、金額設定、リターン内容、投稿者詳細を入力します。

説明文では、プロジェクトの内容、利益構造などの計画だけでなく、熱意や社会的意義などを書くと共感を得やすくなります

審査

プロジェクトの成功が見込めるか、コンプライアンス的に問題のない内容か、などの観点から掲載可能か審査されます。

審査を通っても、運営サイト側から文章や表記の仕方について指摘をされる場合があります。

しかし、運営側もプロジェクトの成功にメリットがあるため、きちんとプラスに働くようコメントしてきているので、うまく取り入れていくことをお勧めします

開始

プロジェクトが開始すると、訪問者から少しずつ支援者が出てきます。

他にもプロジェクトがたくさんあるので、自動で多くの人に見てもらうことは難しいです。なので、最初はきちんと広報していく必要があります

調達額がある程度増えてくると、注目度が上がり見られやすくなるので、さらに集まりやすくなります。

スタートが肝心なので、しっかりとアピールしていきましょう。

活動報告

順調に開始し、お金が集まってくるとやってしまいがちな失敗が、報告のし忘れです。

目標額にお金を達成させることばかりに意識が向いてしまい、すでに出資してくれている人をないがしろにしがちです。

しかし、すでに出資してくれている人は、サポーターとなり広報などの助けとなってくれる場合があります。

支援者もプロジェクトに参加している立場であると感じてもらうことで、一気に資金獲得へと近づいていきます

終了・お礼

募集期間が終了した後、「オール オア ナッシング(All or Nothing)」では入金されるか、全額が返金され、「オール イン(All In)」では集まった額が入金されます。

この時に忘れてはいけないのが、支援者へのお礼です。

ものでのリターンを提示していた場合は、しっかりと送りましょう。

お礼は手紙で送ると印象が良く、事業拡大などで次もクラウドファンディングをすることになった場合に、協力を得られるようになるかもしれません。

そうでなくても、きちんと気持ちをこめてお礼をしましょう

4. クラウドファンディングのやり方まとめ

【クラウドファンディング】クラウドファンディングの資金獲得方法の解説!

ここまでクラウドファンディングの始め方について説明してきました。

やったことない人でも、イメージがわいたのではないでしょうか。

クラウドファンディングでは、従来の資金調達方法と異なり、お金以外の価値でも出資をアピールすることができます。

この点をよく理解して、支援者にもメリットを感じてもらえるような魅力的なプロジェクトにしていきたいですね。

クラウドファンディングは誰でもできることが利点ですが、

  • レイアウトやデザインなどでかなり差が出てしまう
  • 広報をうまくやらないと誰にも見てもらえない
  • 金額とリターンの設定が難しい

などの落とし穴があります。

本記事ではなるべく解決できるように解説していますが、クラウドファンディングはプロに相談しながら進めるのがベストです。

レストラン専門のクラウドファンディングサポート「MAKE STORY」では、レストラン専門だからこそできる効果的な手法で、皆様の夢の実現をサポート。

低コストと全額返金補償で安心して始めることができます。

\クラウドファンディングについて相談するなら/